初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、手応えのセパン合同テスト

R.ドプニエ、手応えのセパン合同テスト

ランディ・ド・プニエは、ホンダLCRから2度目となるセパン合同テストに参加。初日にはトップタイムをマークするなど、素早い順応力を見せた。

ランディ・ド・プニエは、ホンダLCRから2度目となるセパン合同テストに参加。初日にはトップタイムをマークするなど、素早い順応力を見せた。

カワサキ・ニンジャZX‐RR&ブリヂストンからホンダRC212V&ミシュランに乗り換えたフランス人ライダーは、3日間で8.3レース分を走行。最終日には転倒を喫して、右手親指を強打したが、意欲的にテストプログラムを消化した。

「転倒は残念。まだまだやるべき仕事が沢山残っていたけど、今回のテストで僕たちは著しく進歩した」と、ド・プニエは手応えを強調した。

「サスペンション、タイヤ、エンジン、エンジンブレーキに仕事を沢山こなした。この3日間は長く、使えるもの。この方向で進まなければいけない。次のヘレスには、100%で臨みたい。」

ホンダLCRは、11月27日から3日間のヘレス合同テストに参加する。

セパン合同テスト(ホンダ&ミシュラン)
1日目:2分03秒033(45ラップ)
2日目:2分02秒550(71ラップ)
3日目:2分02秒700(60ラップ)

第17戦マレーシアGP(カワサキ&ブリヂストン)
レースベストラップ:2分02秒503
公式予選:2分02秒107

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›