初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

CEV:ヤングライダーたちの好バトル

CEV:ヤングライダーたちの好バトル

CEVスペイン選手権の第6戦バレンシア・ラウンドは18日、リカルド・トルモで行われ、125ccクラスに将来を期待されるヤングライダーたちが集結。ダビッド・デ・ヘアがフォーミュラーエクストリームで優勝して、3連覇を達成した。

CEVスペイン選手権の第6戦バレンシア・ラウンドは18日、リカルド・トルモで行われ、125ccクラスに将来を期待されるヤングライダーたちが集結。ダビッド・デ・ヘアがフォーミュラーエクストリームで優勝して、3連覇を達成した。

125ccクラスには、13ヶ国94人がエントリー。ウインターテストを兼ねたアレックス・マスボーを始め、ルーキーズカップで上位に進出したヨハン・ザルコ、ロレンゾ・サバドーリ、セロ・カリーリョ、ディーン・ブラウン。英国選手権覇者のルーク・ジョーンズ、ランク2位のロビン・スチュアート。ドイツ選手権での活躍が認められ、キーファー・ボスから参戦が決定したロビン・レッセルらが参加した。

14時からスペイン国内でテレビ生中継された決勝レースは、来年世界舞台への進出が決定したスコット・リーディングがポールポジションから独走。シーズン2勝目を飾れば、世界で活躍する3人の2位争いは、経験豊富なマスボーが、エフレン・バスケス、ステファン・ブラドルを僅少差で抑えた。

最終戦バレンシアGPでワイルドカードを初体験した中上貴晶は5位。大谷和也はオープニングラップでリタイヤ。1週間前にレプソルKTMから参戦が決定したばかりのマルク・マルケスは、5位走行中に転倒リタイヤした。

フォーミュラーエクストリームでは、来年スーパースポーツ選手権への参戦が決まったばかりのデ・ヘアがポールポジションからレースをコントロール。シーズン3勝目で、最終戦を前に3年連続4度目のタイトルを獲得。ジョセプ・サラダ、セルヒオ・フエルテスが続き、シーズン初めてスズキ勢が表彰台を独占した。

スーパースポーツは、スーパースポーツ世界選手権にフル参戦中のジョアン・ラスコルツが2度目のスポット参戦でポール・トゥ・ウインを達成。英国出身のグレエム・ゴーランドが2位に入り、9位に終わったアンヘル・ロドリゲスを抜いて、ランク1位に浮上した。

最終戦は、11月25日にヘレスで開催される。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›