初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘレス合同テスト初日

ヘレス合同テスト初日

12月1日からのテスト禁止期間を前にした年内最後のMotoGPの合同テストは27日、ヘレス・サーキットでスタート。2007年王者のケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。バレンティーノ・ロッシがブリヂストンタイヤを初テストした。

12月1日からのテスト禁止期間を前にした年内最後のMotoGPの合同テストは27日、ヘレス・サーキットでスタート。2007年王者のケーシー・ストーナーがトップタイムをマーク。バレンティーノ・ロッシがブリヂストンタイヤを初テストした。

先週の250ccクラス&125ccクラスの合同テストでは悪天候に見舞われたが、テスト初日は好天候に恵まれ、気温も22度にまで上昇した中、ドゥカティのファクトリーチームがデスモセディチGP8を投入。ストーナーとマルコ・メランドリは新型マシンを初めてテストする機会に恵まれた。

ニューマシンで直ぐに1分41秒を突破したストーナーは、午後3時前に1分40秒2を連発した直後に転倒を喫したが、幸い大事には至らず、その後もテストを継続。シェイクダウンで手応えを得たことを強調した。

2番手のタイムを出したランク2位のダニ・ペドロサは、新型RC212Vでの走り込みに重視。バレンシア合同テストから、エンジンブレーキ、パワーデリバリー、シャーシが改善されたことを認めた。

路面温度の上昇を待ち、12時過ぎにコースインしたバレンティーノ・ロッシは、最終戦バレンシアGPで骨折した右手をアイシングしながら、ブリヂストンを装着したM1をテスト。タイヤ性能を把握するために周回を重ね、ポジティブな印象を受けたことを、セッション後に説明した。

中野真矢は、ホンダ・グレシーニで2度目のテストに取り組み、第2戦スペインGPの決勝レース中に記録したベストタイム(1分42秒024)を上回る1分41秒277を刻んだ。

ヘレス合同テスト初日
1.C.ストーナー(ドゥカティ・マールボロ):1分40秒221(35ラップ)
2.D.ペドロサ(レプソル・ホンダ):1分40秒355(60ラップ)
3.V.ロッシ(フィアット・ヤマハ):1分40秒514(56ラップ)
4.C.エドワーズ(ヤマハ・テック3):1分40秒790(47ラップ)
5.N.ヘイデン(レプソル・ホンダ):1分40秒923(63ラップ)
6.A.デンジェリス(ホンダ・グレシーニ):1分41秒111(58ラップ)
7.J.ロレンソ(フィアット・ヤマハ):1分41秒230(90ラップ)
8.中野真矢(ホンダ・グレシーニ):1分41秒277(65ラップ)
9.R.ドプエニ(ホンダLCR):1分41秒313(79ラップ)
10.J.ホプキンス(カワサキ):1分41秒414(49ラップ)
11.J.トースランド(ヤマハ・テック3):1分41秒776(69ラップ)
12.M.メランドリ(ドゥカティ・マールボロ):1分41秒889(62ラップ)
13.A.ドビツィオーソ(JiRチーム・スコット):1分42秒033(60ラップ)
14.N.カネパ(ドゥカティ・テスト・チーム):1分42秒666(67ラップ)
15.岡田忠之(ホンダ・チーム・チーム):1分43秒051(42ラップ)
16.A.ウエスト(カワサキ):1分43秒576(73ラップ)
17.伊藤真一(ドゥカティ・テスト・チーム):1分44秒530(56ラップ)
18.V.グアレスキ(ドゥカティ・テスト・チーム):1分44秒588(51ラップ)

2007年第2戦スペインGP
レースベストラップ‐V.ロッシ:1分40秒905
ポールタイム‐D.ペドロサ:1分39秒402

サーキットベストラップ‐V.ロッシ:1分40秒595
ベストラップ‐L.カピロッシ:1分39秒064

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›