Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、ヤマハ勢でトップタイム

J.ロレンソ、ヤマハ勢でトップタイム

ホルヘ・ロレンソは、最高峰クラス3度目のテストで3番手に浮上。ヤマハ勢でトップタイムをマークした。

ホルヘ・ロレンソは、最高峰クラス3度目のテストで3番手に浮上。ヤマハ勢でトップタイムをマークした。

250ccクラスで2年連続優勝を飾った舞台、地元スペイン・ヘレスに戻ってきた20歳のスペイン人ライダーは、3日間で最多の236周を走行。最終日には26ラップのロングランを実行して1分40秒台を5回記録すれば、コースの一部が日陰となった17時には予選タイヤを装着して、ヤマハ勢のトップタイムとなる1分39秒464を刻んだ。

「M1を気持ち良く乗れ、レースシミュレーションではとてもいい感じで走れた。」

「ラップタイムは走る度に速くなっている。これは正しい方向に仕事が進んでいることを意味する。リアのトラクションは、ミシュランの新しいタイヤのおかげで良くなっている。大満足。シミュレーションでは、これほど速く走れると期待していなかった。」

「良いテストとなったし、セパンよりも全体的な感触は良くなっている。ピットボックスの雰囲気は集中していて、とてもプロフェショナルだから、シーズン前には僕たちの目標に到達できそうだ。」

フィアット・ヤマハとロレンソは、1月22日からのセパン合同テストに参加する。

ヘレス合同テスト
1日目:1分41秒230(90ラップ)
2日目:1分40秒883(57ラップ)
3日目:1分39秒464(89ラップ)

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›