初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ミシュラン、年内最後のテストで好パフォーマンス

ミシュラン、年内最後のテストで好パフォーマンス

ミシュランは、年内最後のテストとなったヘレス合同テストで開発が進んでいることを証明。2008年シーズンにベストなマテリアルを投入するための貴重なデータを収集したことを認めた。

ミシュランは、年内最後のテストとなったヘレス合同テストで開発が進んでいることを証明。2008年シーズンにベストなマテリアルを投入するための貴重なデータを収集したことを認めた。

レース部門の責任者であるジャン‐フィリップ・ウェバーは、「ヘレスには大量のタイヤを持ち込みました。今回のテストが我々にとって大切だったからです。ここで収集したデータは、ウインターブレーク中の開発に役立つことから極めて重要です」と説明した。

「我々のライダーたちに提供した新しい構造のフロントタイヤの感触はポジティブで、操縦性が向上しました。幾つかのリアタイヤも試し、優れたトラクションとグリップをもたらしました。リアタイヤは全体的に進歩したと思います。」

「ダニ・ペドロサは16インチのリアタイヤを試し、これまで使用したタイヤを比較して、新しい構造は高いポテンシャルがありました。ニッキー・ヘイデンは、このタイヤを1月のセパンテストで使用することを希望しています。ダニはタイヤの温度が上がる過程を改善する必要性をコメントしました。ホルヘ・ロレンソのパフォーマンスには衝撃を受けました。彼のレースシミュレーションは大変興味深いです。」

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›