初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.ドビツィオーソ、苦手意識克服に挑戦

A.ドビツィオーソ、苦手意識克服に挑戦

アンドレア・ドビツィオーソは、JiR・チーム・スコットで3度目のウインターテストに参加。苦手意識があるヘレスで意欲的に走り込んだ。

アンドレア・ドビツィオーソは、JiR・チーム・スコットで3度目のウインターテストに参加。苦手意識があるヘレスで意欲的に走り込んだ。

2007年シーズンに中野真矢が使用したホンダRC212Vに乗り込んだ21歳のイタリア人は、「バレンシアとセパンでは速く走れ、このバイクで早くフィーリングを見つけた。幾つか困難なことがある。それはエンジンブレーキ。新しい状況だし、普通のことだと思う」とセッション終了後に振り返った。

「チームはとてもいい感じだし、ホンダの他のライダーが言うけど、僕はこのバイクに満足だ。1月から新しいバイクで仕事を始めることを知っているけど、今はこのバイクでできることをやる。それはいいことだ。」

「MotoGPと250ccではポテンシャルが違う、これが一番の問題になる。ここではミスが許されない。小さなミスが大きなタイムロスになってしまうから、精密に行かないと。」

JiR・チーム・スコットとドビツィオーソは、1月22日からのセパン合同テストに参加する。

ヘレス合同テスト
1日目:1分42秒033(60ラップ)
2日目:1分40秒650(69ラップ)
3日目:1分39秒747(59ラップ)

Tags:
MotoGP, 2007, Andrea Dovizioso

Other updates you may be interested in ›