初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

インディアナポリス、改修工事進む

インディアナポリス、改修工事進む

グランプリ・セーフティー委員会は、11月末に2008年にMotoGPカレンダーに新たに加わった第14戦インディアナポリスGP(9月14日決勝レース)の開催地インディアナポリスを視察。初開催に向け、順調に改修工事が進んでいることを確認した。

グランプリ・セーフティー委員会は、11月末に2008年にMotoGPカレンダーに新たに加わった第14戦インディアナポリスGP(9月14日決勝レース)の開催地インディアナポリスを視察。初開催に向け、順調に改修工事が進んでいることを確認した。

同委員会の代表であるFIMのクラウディオ・ダニスは、「我々は大変幸せで、興奮しています。全てのモーターサイクルレーシングファン、MotoGPファンはインディアナポリスのことを話題に取り上げています。ヨーロッパや世界中から、このレースを観戦にたくさんのファンが来ると思います」と初開催への期待を語った。

同委員会のメンバーであるIRTAのフランコ・ウンチーニは、「ファンタスティックな仕事をしました」と喜びの第一声を語った。「大きな改善を果たしました。作業、変更、全てに満足感があります。ここには最終的なインスペクションのために戻ってきますが、現段階でのコース状態に大変満足しています。」

インディアナポリス・モーター・スピードウェイの建設プロジェクトリーダーであるケビン・フォーブスは、「我々は非常に野心的です。非常に現実的なスケジュールを組みましたが、予定よりも早く作業が進んでいます。全ての舗装は終了しました。コース改善とアスファルトの作業は全体の80%」と説明した。

改修工事は、冬の間も継続され、5月4日に開催されるインディ500マイルまでには大方の作業が終了し、MotoGP開催の2ヶ月前には全工程が終了する予定。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›