初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ベルトメリー、新加入の2人に期待

M.ベルトメリー、新加入の2人に期待

カワサキ・レーシングのスポーティングディレクターを務めるミシェル・ベルトメリーは、年内最後のヘレス合同テストを終え、新加入したジョン・ホプキンスのパフォーマンスに手応えを得ていることを説明した。

カワサキ・レーシングのスポーティングディレクターを務めるミシェル・ベルトメリーは、年内最後のヘレス合同テストを終え、新加入したジョン・ホプキンスのパフォーマンスに手応えを得ていることを説明した。

「3日間のテストを終え、我々はジョンの仕事ぶりに大変満足しています。バレンシアで、我々のバイクを初めて乗りしました。今まで乗っていたバイクから、直列4気筒エンジンへの乗り換えは簡単なことではありません。」

「しかし、我々はセパンテストから彼が速く走るところを見ました。そして、チームの大量の情報を提供してくれました。我々は日増しに進歩していると思います。」

カワサキは、ランディ・ド・プニエと共にチームを離脱したクリストファー・ブルギニオンの後任に、元セテ・ジベルナウのチーフメカニックであり、バレンティーノ・ロッシのサスペンションを担当した経歴のあるファン・マルティネスを招聘。アンソニ・ウエストとペアを組み、フィオレンソ・ファナーリがホプキンスを担当することになった。

「以前からファン・マルティネスと共に仕事をしたいと考えていました。彼はシャーシとサスペンションの関する知識と豊富な経験を具えています。我々のエンジンは機能し、足回りを開発するために、彼が理想的な人材でした」とベルトメリーは説明した。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›