初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中上貴晶、スペインから世界へ

中上貴晶、スペインから世界へ

FIM国際モーターサイクリズム連盟は14日、2008年暫定エントリーリストを公表。中上貴晶がI.C.チームからフル参戦デビューすることが発表された。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は14日、2008年暫定エントリーリストを公表。中上貴晶がI.C.チームからフル参戦デビューすることが発表された。

2006年全日本GP125で最年少チャンピオンに輝き、MotoGPアカデミーで2年間経験を積んできた中上は、ワイルドカードとして最終戦バレンシアGPで世界デビューを果たしたばかり。所属するチームは、昨年マルチメディア・レーシングとしてエントリーしたイタリアンチーム。過去、ロベルト・ロカテリ、アルヌー・ヴァンサンと共にタイトルを獲得した実績がある。

ホンダからアプリリアに乗り換えて、世界に挑戦する中上は、「世界選手権に参戦できることになって本当にうれしいです。今までサポートしてくれたスポンサーの方々、家族、MotoGPアカデミーに感謝します。まだ、アプリリアのバイクに乗っていませんが開幕戦が待ち遠しいです」と抱負を語った。

ゼッケンは、全日本時代にタイトルを獲得した当時と同じ73。1月上旬にスペインに渡り、本格的なトレーニングを開始する。

Tags:
125cc, 2007

Other updates you may be interested in ›