初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

観客数は史上初の230万人を突破

観客数は史上初の230万人を突破

2007年シーズンのMotoGP観客数は、史上初めて230万人を突破。4つのグランプリで20万人以上の観衆を記録した。

2007年シーズンのMotoGP観客数は、史上初めて230万人を突破。4つのグランプリで20万人以上の観衆を記録した。

今年特筆するのは、後半戦開幕となった第12戦チェコGP(ブルノ)。東欧唯一のグランプリは、どのサーキットでも見られるようにバレンティーノ・ロッシ人気が目立ったが、今年は地元出身ルーカス・ペセックのファンが急増。さらに、タイトル争いの主役を演じたガボール・タルマクシをサポートするため、ハンガリーから約5千人の応援団が駆けつけただけでなく、隣国のドイツ、オーストリアから多くのファンが詰めかけ、昨年より8万5851人増しの24万5039人を記録(決勝レース日だけでも昨年より5万7507人増の14万1632人)。チャンピオンシップ史上初の24.5万人を突破した。

第2戦スペインGP(ヘレス)は6年連続、第10戦ドイツGP(ザクセンリンク)は5年連続、最終戦バレンシアGPは9年連続して、20万人を超える観衆を記録すれば、第7戦カタルーニャGP(カタルーニャ)は初めて20万人の大台に達した。

新王者ケーシー・ストーナーの凱旋グランプリとなった第16戦オーストラリアGP(フィリップアイランド)は、地元の英雄ミック・ドゥーハンが5連覇を達成した1998年以来9年ぶりに10万人を突破した。

2007年観客数
開幕戦カタールGP:
6,744人(決勝レース日:4,132人)

第2戦スペインGP:
244,461人(132,168人)

第3戦トルコGP:
45,485人(40,052人)

第4戦中国GP:
38,930人(28,425人)

第5戦フランスGP:
146,744人(74,204人*)

第6戦イタリアGP:
126,854人(85,480人)

第7戦カタルーニャGP:
201,970人(112,600人)

第8戦イギリスGP:
132,435人(84,785人)

第9戦TTアッセン:
128,701人(91,429人)

第10戦ドイツGP:
226,944人(101,048人)

第11戦アメリカGP:
143,020人(51,830人)

第12戦チェコGP:
245,039人(141,632人)

第13戦サンマリノGP:
75,376人(57,321人)

第14戦ポルトガルGP:
72,883人(41,566人)

第15戦日本GP
90,314人(57,617人*)

第16戦オーストラリアGP:
115,058人(50,425人)

第17戦マレーシアGP:
44,807人(37,435人)

最終戦バレンシアGP:
237,149人(132,500人)

*はレインコンディション。

Tags:
MotoGP, 2007

Other updates you may be interested in ›