初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

I.C.チーム、3度のテストを予定

I.C.チーム、3度のテストを予定

I.C.チームは、2008年プロジェクトを発表。3人のヤングライダーを起用し、1月末のバレンシア合同テストからプレシーズンを開始する。

I.C.チームは、2008年プロジェクトを発表。3人のヤングライダーを起用し、1月末のバレンシア合同テストからプレシーズンを開始する。

2005年にフル参戦デビューしたアンドレア・イアンノーネ、KTMジェニアチーム出身のマイケル・ランセンデール、2年間MotoGPアカデミーに所属した中上貴晶を抜擢。2度目の公式を含め、3度目のテストを経て、開幕戦カタールGPに挑むことが決定した。

チームマネージャーのフィオレンソ・カポネルは、「我々のチームは、ここ数年の125ccクラスにおいて、ヤングライダー、タレントを発掘するスペシャリストでした。マルコ・シモンセリ、ラファエレ・デ・ロサらは、実質我々のチームから世界に飛び出し、成長しました」とチームのポリシーを説明した。

「世界最高の舞台で実際に戦えるチャンスを、ヤングライダーたちに提供することを、我々は追及します。」

I.C.チームのチーム母体は、ワイルドワイドレース。1998年に創立し、イタリア人ロック歌手のバスコ・ロッシがメインスポサーとして、チャンピオンシップに参戦を開始する。2000年にはロベルト・ロカテリが初タイトルをもたらすと、2002年には初めて起用した外国人アルノー・ヴァンサンが2度目のタイトルを獲得した。1999年から250ccクラスに4年間参戦した経歴もある。

2008年体制:
29.Aアンドレア・イアンノーネ(18歳/イタリア):2007年ランク20位
60.マイケル・ランセンデール(20歳/オーストリア):2007年ランク12位
73.中上貴晶(15歳/日本):2007年スペイン選手権ランク6位

チームの歴史:
125ccクラス
1998年:
I.ゴイ(ランク14位)

1999年:
R.ロカテリ(ランク4位)

2000年:
R.ロカテリ(チャンピオン)
S.サンナ(6位)

2001年:
S.サンナ(7位)

2002年:
A.ヴァンサン(チャンピオン)

2003年:
S.イェンクナー(ランク6位)
G.タルマクシ(14位)

2004年:
S.イェンクナー(ランク8位)
M.シモンセリ(11位)

2005年:
M.シモンセリ(5位)
J.オリベ(14位)

2006年:
P.ニエト(13位)
R.デロサ(16位)
D.エンジャーター(0ポイント)

2007年:
R.デロサ(16位)
D.エンジャーター(23位)
S.グロティスキ(29位)

250ccクラス
1999年:
R.ロルフォ(14位)

2000年:
L.ボスコスクロ(13位)

2001年:
R.ロルフォ(4位)

2002年:
F.バッタイニ(6位)

Tags:
125cc, 2008

Other updates you may be interested in ›