中上貴晶、初のワイルドカード参戦

Friday, 26 October 2007

FIM国際モーターサイクリズム連盟は25日、最終戦バレンシアGPのワイルドカードを発表。中上貴晶が初参戦する。

FIM国際モーターサイクリズム連盟は25日、最終戦バレンシアGPのワイルドカードを発表。中上貴晶が初参戦する。

2006年全日本GP125ccクラス王者の中上は、昨年からMotoGPアカデミーに参加してCEVスペイン選手権にフル参戦。2年目の今年は、第4戦バレンシア・ラウンドで日本人として初めて表彰台(3位)を獲得。現在はランク6位につける。

同選手権ランク2位のペレ・トゥトゥサウス、ランク5位のイバン・マエストロ、ランク8位のダニエル・サエツがスポット参戦する。

ランク1位のステファン・ブラドルとランク4位のエフレン・バスケスは、今シーズン途中からレギュラーライダーに昇格してダブル参戦中。ランク3位のスコット・リーディングは、年齢制限から参戦資格がないが、来シーズンからの世界デビューが決まっている。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
Advertising