P.ニエト、125ccクラスへ復帰

Thursday, 1 February 2007

BQRは、パブロ・ニエトが125ccクラスに参戦することを発表した。

BQRは、パブロ・ニエトが125ccクラスに参戦することを発表した。

スパニッシュチームは、DVDやMP3などを製造するBlusens(ブルセンス)がメインスポンサーとなることを同時に発表。チーム名を『(ブルセンス・アプリリア)』として、アレックス・エスパルガロ・パブロ・ニエト、ヒューゴ・バン・デル・ベルグを起用する。

昨シーズン末に同じチームから250ccクラスへの転向を発表したニエトは、ヘレス合同テスト終了後、125ccクラスへ戻ることを決意。バレンシア合同テストでテストを行った。

「初めて250ccのバイクに乗って、いろいろと考え、もう一度125ccに戻る可能性をチームと一緒に検討した。理由は幾つもある。第1に、このキットマシンではポイントを獲得するのは難しいと思う。」

「125ccクラスだったら、経験があるし、いいマテリアルも入手でき、トップ争いができる。昨シーズン末、もう1年125ccクラスに参戦しようと計画していたけど、僕が望むようなチームが見つからなかった。BQRで走りたかったけど、その時点ではアプリリアに変更するとは分からなかった。テストをして、僕の可能性を検討して、BQRとアプリリアのナイスなコンビで、もう1年125ccクラスに参戦する可能性が見えた。」

ブルセンス・アプリリアは、アプリリア・ジャーマニーと提携し、アルトゥロ・ティソンを起用する。

ビデオ:

See all videos for this event

フォトギャラリー:

Open more news

最新ニュース

  • MotoGP™
  • Moto2™
  • Moto3™
続きを読む »
Advertising