初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ニューフェイス:A.デアンジェリス

ニューフェイス:A.デアンジェリス

2008年シーズンを前に、MotoGPクラスのニューライダーたちを紹介する『ニューフェイス』。第三弾は、250ccクラスランク3位を獲得したアレックス・デ・アンジェリスのキャリアを振り返る。

2008年シーズンを前に、MotoGPクラスのニューライダーたちを紹介する『ニューフェイス』。第三弾は、250ccクラスランク3位を獲得したアレックス・デ・アンジェリスのキャリアを振り返る。

ミサノ・サーキット近郊のリミニ出身、サンマリノ国籍を所有するデ・アンジェリスは、1999年にW参戦したイタリア選手権(ランク2位)とヨーロッパ選手権(ランク5位)の活躍が認められ、2000年から実兄ウィリアムと同時にフルエントリーを開始。チームメイトのトニ・エリアスに競り勝ち、ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2002年は、ホンダ(マテオーニ・レーシング)からアプリリア(LCR)に乗り換え、初めてトップ10位に成功(ランク9位)すると、2003年にはランク2位を奪取した。

20歳でアプリリアのファクトリーチーム、アプリリア・レーシングに抜擢され、250ccクラスにスイッチ。2004年はランク5位。2005年はランク7位。2006年からはファクトリーサポートを受けたチーム・アスパルから参戦すると、ランク3位を獲得しただけでなく、最終戦バレンシアGPでは通算113戦目で初優勝を果たした。

2007年は、2年連続のランク3位を獲得。シーズン途中(第14戦ポルトガルGP後)には、ホンダ・グレシーニ入りが決定。2008年は最高峰クラスへ挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2008, Alex de Angelis

Other updates you may be interested in ›