初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権出身者は過去最高

スペイン選手権出身者は過去最高

2008年の最高峰MotoGPクラスに、CEVスペイン選手権出身(125ccクラス)のヤングライダーたちが6人エントリー。3クラス合わせてと、過去最高の53人に達した。

2008年の最高峰MotoGPクラスに、CEVスペイン選手権出身(125ccクラス)のヤングライダーたちが6人エントリー。3クラス合わせてと、過去最高の53人に達した。

2007年開幕時のスペイン選手権出身者は、22人中4人(トニ・エリアス、ダニ・ペドロサ、ケーシー・ストーナー、アレックス・ホフマン/18.2%)だったが、2008年は18人中6人(33.3%)。3クラス合計では、76人中45人(59.2%)から75人中53人(70.7%)と増加。低年齢化が進んでいることを示した。

地元出身のエリアスは3年間、スペイン連盟から特別許可を得たホルヘ・ロレンソは2年間、国内で経験積めば、ペドロサは2000年の1年プラス1999年に同選手権で併催されたプロモーション大会『コパ・テレフォニカ・モビスター』も経験し、世界へのステップを踏んでいる。

2007年王者のケーシー・ストーナーは、年齢制限のため、オーストラリア選手権に参戦することができないことから、2000年に母国を離れ、イギリスとスペインの大会に参加。そこでのパフォーマンスが、ヤングライダーの発掘と育成に携わっていたアルベルト・プーチの目に留まり、1年間テレフォニカ・モビスター・ジュニア・チームから参戦した。

アレックス・デ・アンジェリスは、ルーキーシーズン終了後、テストを兼ねて最終戦ヘレス・ラウンドに参加。アンドレア・ドビツィオーソも同様なケースで参戦した経歴がある。

フル参戦した4人は、国内選手権では共に無冠。15歳でデビューしたペドロサとロレンソは優勝経験もなかったが、世界舞台で才能を開花した。

MotoGPライダーたちの主な成績

トニ・エリアス(スペイン):
1998年ランク24位
1999年ランク3位
2000年ランク3位

ダニ・ペドロサ(スペイン):
2000年ランク4位

ケーシー・ストーナー(オーストラリア):
2000年終盤2戦参戦
2001年ランク2位

ホルヘ・ロレンソ(スペイン):
2000年ランク17位
2001年ランク4位

アレックス・デ・アンジェリス(サンマリノ):
2000年最終戦ヘレス・ラウンド優勝

アンドレア・ドビツィオーソ(イタリア):
2002年最終戦ヘレス・ラウンド2位

*写真:2000年第5戦アルバセテ・ラウンドから。ゼッケン27はC.ストーナー、26はD.ペドロサ。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›