初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ニューフェイス:D.T.プラディタ

ニューフェイス:D.T.プラディタ

2008年シーズンを前に、250ccクラスのニューライダーたちを紹介する『ニューフェイス』。第二弾は、インドネシア人としては、チャンピオンシップ初のフル参戦ライダーとして、250ccクラスに挑戦するドニ・タタ・プラディタのキャリアを振り返る。

2008年シーズンを前に、250ccクラスのニューライダーたちを紹介する『ニューフェイス』。第二弾は、インドネシア人としては、チャンピオンシップ初のフル参戦ライダーとして、250ccクラスに挑戦するドニ・タタ・プラディタのキャリアを振り返る。

18歳で開幕戦を迎えるドニは、ヤマハがアセアン地域で展開する『ヤマハ・アセアン・カップ』で、2年連続してノービスクラスで優勝。2004年には、インドネシア・ヤマハ・カップも制してWタイトルを奪取すると、翌年には国内選手権を初制覇。同年に隣国で開催されたマレーシアGPでワイルドカードデビューを果たした。

2006年に2度の全日本GP125参戦とマレーシアGPにスポット参戦。2007年に250ccクラスへステップして、フル参戦した全日本GP250で経験を積んだ。

2008年は、ヤマハモーターインドネシアが運営するヤマハ・プルタミナ・インドネシア・レーシングチームと共にエントリーする。

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›