初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィアット・ヤマハがチーム発表

フィアット・ヤマハがチーム発表

ヤマハのファクトリーチーム、フィアット・ヤマハは18日、イタリア・トリノでチーム発表会を行った。

ヤマハのファクトリーチーム、フィアット・ヤマハは18日、イタリア・トリノでチーム発表会を行った。

メインスポンサーであるフィアット社の本部があるトリノ市内のジオバンニ・アジネーリ講堂行われた発表会には、リン・ジャービス、中島雅彦、ダビデ・ブリビオ、ダニエレ・ロマニョーリ、バレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソ、フィアット社の経営最高責任者であるロレンソ・システィノが出席した。

ニュールックで登場したロッシは、「チャンピオンシップが始まることに興奮している。バイクを改善する沢山の仕事が控えているけど、2004年に良いバイクを作り上げることを証明したヤマハを信頼しているし、高い戦闘力に仕上げるための予算がある」と、タイトル奪回に向け、ヤマハと共にバイクの開発を進めて行くことを説明した。

「セパンでの第一目標は、新しい電気系とブリヂストンタイヤを試すこと。次のテストには新しいバイクのニューパーツが届くだろう。」

「ミショランは、フランスの誇りに賭け、僕を負かすために懸命に努力するだろう。僕はブリヂストンと一緒に仕事に集中しなければいけない。」

「ドゥカティは年間に2台バイクを製造する。それは強いことを示す。今シーズンは非常にハードだろう。タイトルの有力候補は3人、ストーナー、ペドロサ、そして僕だと思う。ヤングライダーのロレンソやドビツィオーソは優勝争いをすると考えるけど、タイトル候補には見えない。」

2年連続250ccクラス王者として最高峰クラスに挑戦するロレンソは、「ヤマハのようなファクトリーチームに所属し、MotoGPライダーとして、ここにいることができるのは夢のようだ」と満面な笑みで語った。

「バレンティーノは、僕の考えでは世界で最も完璧なライダー。ほぼパーフェクトだ。ナンバー1ライダーになるために働くけど、彼がチームメイトでは非常に難しいだろう。彼と同じチームに所属することはすごく嬉しい。スペクタクロを一緒に提供したい。」

Tags:
MotoGP, 2008, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›