初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

R.ドプニエ、初テストでトップタイム

R.ドプニエ、初テストでトップタイム

ホンダLCRのランディ・ド・プニエは22日、セパン合同テスト初日にトップタイムをマーク。最高峰3年目に向けて、好スタートを切った。

ホンダLCRのランディ・ド・プニエは22日、セパン合同テスト初日にトップタイムをマーク。最高峰3年目に向けて、好スタートを切った。

昨年11月に実施された同テスト初日に2分03秒033の一番時計を刻んだフランス人ライダーは、2008年型RC212V(エンジンはヘレス公式テストから投入予定)で初走行を行うと、安定して2分02秒台を連発。最後のコースインで5周連続の2分01秒台を叩き出し、11月のテストより、ラップタイムを1.3秒伸ばす、好パフォーマンスを披露した。

「大満足!新しいバイクを初めて試し、新しいシャーシは僕に少し良いようだ。」

「新しいバイクと2007年型を比較して、大きな違いがなかった。もしかしたら、ヘレスのテストまで新しいエンジンを待たなければいけないことを含めても、シャーシとサスペンションのセッティングで良い仕事ができた。ミシュランとレースタイヤの仕事を継続し、明日はレースシミュレーションを予定している。」

「ダニ・ペドロサには申し訳ない。早く直って欲しい。」

2008年1月セパン合同テスト
1日目:2分01秒377(68ラップ)

2007年11月セパン合同テスト
1日目:2分03秒033(45ラップ)
2日目:2分02秒550(71ラップ)
3日目:2分02秒700(60ラップ)

2007年10月マレーシアGP(カワサキ&ブリヂストン)
レースベストラップ:2分02秒503
公式予選:2分02秒107

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›