初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン、ニューマティックバブルに高評価

N.ヘイデン、ニューマティックバブルに高評価

ニッキー・ヘイデンは23日、セパン合同テスト2日目に、ニューマティックバブルのエンジンをテスト。「ベストなオプションだ」と高評価した。

ニッキー・ヘイデンは23日、セパン合同テスト2日目に、ニューマティックバブルのエンジンをテスト。「ベストなオプションだ」と高評価した。

連日の最多ラップで意欲的に開発に着手するアメリカ人ライダーは、昨年10月の第17戦マレーシアGPで記録したレース中の自己ベストを更新する2分02秒102をマークしただけでなく、2日目の午後から投入した新型エンジンで手応えを得ていた。

「午前中はスタンダードのエンジンを使用し、僕のベストラップをマーク。ニューマティックバブルのエンジンで25周した。このエンジンで、バイクは11月にテストしたプロトタイプに似ていた。バイクはこのエンジンを搭載するようにデザインされたからだと思う。重量増加で良く機能したようだ。」

「エンジンの幾つか小さな問題があった。ポテンシャルは、よりスイートで、よく回転するけど、トップスピードが少し落ちた。それに、12周毎にセッティングを確認するために止まらなければいけなかったから、リズムを掴むのが簡単ではなかった。」

「ニューマティックバブルはベストなオプションだと思う。高いポテンシャルがあるからだ。このエンジンでクラッチやフュエルインジェクターをテストした。エンジンに関連することを幾つか試した。」

2008年1月セパン合同テスト
1日目:2分02秒558(85ラップ)
2日目:2分02秒102(66ラップ)

2007年11月セパン合同テスト
1日目:2分04秒164(56ラップ)
2日目:2分02秒800(65ラップ)
3日目:2分00秒592(85ラップ)

2007年10月マレーシアGP
レースベストラップ:2分02秒349
公式予選:2分02秒225

Tags:
MotoGP, 2008, Nicky Hayden, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›