初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー:「昨日よりすごく良かった!」

C.ストーナー:「昨日よりすごく良かった!」

ケーシー・ストーナーは23日、セパン合同テスト2日目に好リズムで周回を重ねていたが、左腕の痛みを訴え、ロングランを中断した。

ケーシー・ストーナーは23日、セパン合同テスト2日目に好リズムで周回を重ねていたが、左腕の痛みを訴え、ロングランを中断した。

昨年10月の第17戦マレーシアGPで2番グリッドからオープニングラップを制して、2分02秒758のアベレージ(オープニングラップを除く)で、シーズン10勝目を達成。15時前から始めたロングランでは、徐々にペースが上がり、7ラップから2分01秒台に突入した。10ラップ目にリアに違和感を覚えるまで、2分02秒232のアベレージを刻んだ。

「昨日よりすごく良かった!最初の1周目からバイクの上ですごく良い感触があり、直ぐに、ブリヂストンのフロントタイヤテストを始めることができた。すごく興味があるタイヤが見つかり、シーズンのベースになることは間違いないだろう。日本人スタッフたちは良い仕事をしている。」

「午後からロングランを始め、10周ぐらいはすごく上手く走れていた。2回のブレーキングでリアの変則的な弾みを感じた。それまでは、レースレコードを上回る好リズムをキープした。どのようなことが発生したのか確認したかったから、ロングランを中止することを選んだ。そこでクラッチに小さな問題があることを発見した。」

再スタート後も2分02秒台前半を刻んでいたが、6ラップ目にロングランを再び中止した。

「同じタイヤで再度コースインしたけど、今度は左腕がけいれんし始めた。無理したくなかったから、今日のセッションを打ち切ることにした。1週間前は、まだ左肩が痛かったから、そのことを考えれば、今の状況に喜ばないと。まだ100%ではないけど、思っていた以上に、よく走れている。明日はブリヂストンと仕事を続け、新しい予選タイヤを試すつもりだ。」

2008年1月セパン合同テスト
1日目:2分02秒457(36ラップ)
2日目:2分01秒638(34ラップ)

2007年10月マレーシアGP
レースベストラップ:2分02秒108
公式予選:2分01秒918

Tags:
MotoGP, 2008, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›