初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー:「シーズンのベストスタートだ!」

C.ストーナー:「シーズンのベストスタートだ!」

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは24日、セパン合同テストを終了。「シーズンのベストスタートだ!」と、タイトル防衛に向けて、幸先のスタートを切ったことを強調した。

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは24日、セパン合同テストを終了。「シーズンのベストスタートだ!」と、タイトル防衛に向けて、幸先のスタートを切ったことを強調した。

2ラップ目に2日目のタイムを塗り替えると、3ラップ目にはダニ・ペドロサが昨年10月の第16戦マレーシアGPで記録したポールタイムを更新。ピットインで予選タイヤに履き替えると、2分00秒660を叩き出した。

11時30分からレースシミュレーションを実行。安定して2分01秒台で周回を重ねたが、9ラップ目にクラッチのトラブルが発生。リスクを回避してピットイン。再びコースインすると、2分01秒台を維持するだけでなく、2分00秒964を記録した。

「今日は2度目のコースインの際に予選タイヤを履き、好タイムだったけど、もう少し時間が経ち、暑くなってから、テストすれば、2分の壁を越えることができただろう。レースタイヤで2分00秒964。10月のポールタイムより約1秒速かった。これは、バイクもタイヤも進歩し、僕たちが良い仕事をしていることを意味する。」

「肩は日々回復し、大きな問題にならなかった。それに、昨年よりも戦闘力が増したから、満足感を持ってセパンを発つ。これからもベストな形でシーズンを始めるために集中力を維持する。フィリップアイランドが楽しみだ。 「ダニに声援を送りたい。今回のアクシデントが大きな問題にならないと思う。僕も2006年に冬のテストをキャンセルしなければいけなかったけど、シーズン序盤に何とか戦闘力を得た。」

2008年1月セパン合同テスト
1日目:2分02秒457(36ラップ)
2日目:2分01秒638(34ラップ)
3日目:2分00秒660(27ラップ)

2007年10月マレーシアGP
レースベストラップ:2分02秒108
公式予選:2分01秒918

2007年第16戦マレーシアGP
レースベストラップ‐C.ストーナー(ドゥカティ):2分02秒108
ポールタイム‐D.ペドロサ(ホンダ):2分01秒877

サーキットレコード
2006年‐L.カピロッシ(ドゥカティ):2分02秒127
ベストラップ
2006年‐V.ロッシ(ヤマハ):2分00秒605

Tags:
MotoGP, 2008, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›