初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フィリップアイランド合同テスト:C.ストーナー、トップ浮上

フィリップアイランド合同テスト:C.ストーナー、トップ浮上

MotoGPの合同テスト2日目は31日、オーストラリアのフィリップアイランドで行われ、地元出身の2007年王者ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

MotoGPの合同テスト2日目は31日、オーストラリアのフィリップアイランドで行われ、地元出身の2007年王者ケーシー・ストーナーがトップタイムをマークした。

気温16度。路面温度19度。激しく降っていた雨が徐々に弱まり、10時過ぎに、ロリス・カピロッシが一番にコースに飛び出すと、ジョン・ホプキンス、マルコ・メランドリ、ジェームス・トーズランドら移籍組みが意欲的に、今年初のウェットコンディションでテストを実行。中野真矢もブリヂストンのウェットタイヤを初テスト。積極的に走行を重ねた。

15時過ぎには、ドライコンディションに回復。昨年10月の第16戦オーストラリアGP勝者ストーナーは、コンスタントに1分30秒台を刻むと、1分29秒台を2連発出して、セッションを締め括った。

2日目も初日同様に新人勢が台頭。アレックス・デ・アンジェリスが2番手。アンドレア・ドビツィオーソが3番手。トーズランドが6番手に位置した。

ホプキンスは、12時過ぎに転倒。鼠径(そけい)部を痛め、サーキットのメディカルセンターから精密検査を受けるためにメルボルン市内の病院に転院すれば、ドビツィオーソも転倒を喫したが大事には至らず、セッションを継続した。

フィリップアイランド合同テスト2日目
1.C.ストーナー(ドゥカティ):1分29秒938(45ラップ)
2.A.デアンジェリス(ホンダ):1分30秒449(54ラップ)
3.A.ドビツイオーソ(ホンダ):1分31秒074(60ラップ)
4.中野真矢(ホンダ):1分31秒316(74ラップ)
5.N.ヘイデン(ホンダ):1分31秒373(72ラップ)
6.J.トーズランド(ヤマハ):1分31秒451(55ラップ)
7.M.メランドリ(ドゥカティ):1分31秒478(80ラップ)
8.L.カピロッシ(スズキ):1分31秒545(62ラップ)
9.R.ドプニエ(ホンダ):1分31秒575(72ラップ)
10.C.エドワーズ(ヤマハ):1分31秒593(44ラップ)
11.C.バーミューレン(スズキ):1分31秒774(50ラップ)
12.A.ウエスト(カワサキ):1分32秒242(75ラップ)
13.T.エリアス(ドゥカティ):1分32秒246(59ラップ)
14.S.ギュントーリ(ドゥカティ):1分32秒431(64ラップ)
15.J.ホプキンス(カワサキ):1分42秒130(27ラップ)

2008年1月フィリップアイランド合同テスト
1日目‐C.エドワーズ(ヤマハ):1分29秒566

2007年10月第16戦オーストラリアGP
レースベストラップ‐V.ロッシ(ヤマハ):1分30秒801
ポールタイム‐D.ペドロサ(ホンダ):1分29秒201

サーキットレコード
2005年‐M.メランドリ(ホンダ):1分30秒332
ベストラップ
2006年‐N.ヘイデン(ホンダ):1分29秒020

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›