Tickets purchase
VideoPass purchase

P.ニエト:「ビックなシーズンにすることができる」

P.ニエト:「ビックなシーズンにすることができる」

オンデ2000・KTMのパブロ・ニエトは、今年初テストとなったバレンシア合同テストに参加。新プロジェクトのスタートに期待感を語った。

昨シーズン末に、父親であり、元125ccクラス王者のアンヘル・ニエト、兄であり、元125ccクラスライダーのヘレテと共に、スペインの建設会社であるオンデ2000がバックアップする形で、プロジェクトを立ち上げ、スコット・レーシング・チームが母体となった『オンデ2000・KTM』を結成。11月末のヘレス合同テストに続き、ウインターテスト2度目のテストを実施した。

兄と共にプロジェクトを率いる27歳のスペイン人ライダーは、「これは新しいプロジェクト。今回は兄貴と父親と一緒にチームを作り上げた。KTMは現在の125ccクラスで最も戦闘力が高いバイク。このプロジェクトがすごく楽しみだ」と説明した。

デルビ、アプリリアに続き、3メーカー目となるKTMについては、「このバイクには驚かされた。非常に高いポテンシャルがあるけど、アプリリアに長く乗っていたから、今は乗り換えに少し苦労している。ライディングスタイルは変えたくない。ずっと同じような走り方だし、何度か変えなければいけないこともあったけど、その都度は上手く行かなかった。今のところ、上手く走れている」と手応えを語った。

「チームメイトのラファエレ(・デ・ロサ)は、クラスで最も速いライダーの1人。ライバルが近くにいることは良いこと。健全なライバル関係にある。僕はクラスで最も経験があるライダーで、もし、バイクを思うように走らせるようになり、100%のサポートを得られれば、ビックなシーズンにすることができると思う。」

Tags:
125cc, 2008, Pablo Nieto

Other updates you may be interested in ›