初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロータス・アプリリア、ニューカラーリングを発表

ロータス・アプリリア、ニューカラーリングを発表

ロータス・アプリリアは15日、スペイン・カスティヨンの議員会館でチーム発表会を行い、アレックス・デボンとアレックス・エスパルガロが市内の広場にニューカラーリングのマシンで登場した。

ロータス・アプリリアは15日、スペイン・カスティヨンの議員会館でチーム発表会を行い、アレックス・デボンとアレックス・エスパルガロが市内の広場にニューカラーリングのマシンで登場した。

2年間のテストライダーから、開発してきたアプリリアの新型RSAを得てレギュラーライダーに復帰した31歳のデボンは、「この瞬間をずっと待っていた。この仕事に長く専念してきたご褒美だと思う。困難な時期もあり、ずっとファクトリーチームで走ることを願っていた」と喜びを語った。

「KTMの2人(ミカ・カリオと青山博一)はタイトル候補だと思うけど、アルバロ・バウティスタ、エクトル・ファウベル、エクトル・ファウベルもそうだ。」

開幕戦で通算50戦目を迎える18歳のエスパルガロは、アプリリアLEで参戦。「昨年は酷かった。沢山の問題があったから、このチャンスに感謝しないと。こんなビックチームに入ることはなかなかできないから、2008年は僕の年にすると言いたい」と抱負を語った。

「僕の前には7台のオフィシャルマシンがある。トップ6~7入りしてから、表彰台獲得。これが目標だ。バウティスタが一番の強敵だけど、トーマス・ルティと2人のKTMも考慮しないと。カリオと青山は、タイトル争いにおいて危険な存在だ。」

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›