初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式テスト:N.ヘイデンが最速&最多ラップ

公式テスト:N.ヘイデンが最速&最多ラップ

MotoGPの公式テスト1日目は16日、ヘレス・サーキットで行われ、ニッキー・ヘイデンがトップタイムをマークした。

MotoGPの公式テスト1日目は16日、ヘレス・サーキットで行われ、ニッキー・ヘイデンがトップタイムをマークした。

第2戦スペインGPの舞台に、テストライダー3人を加えた21人が集結。気温18度。路面温度19度のドライコンディションの中、欧州で今年初のセッションが開始され、前日のチーム発表会でタイトル奪回を宣言したヘイデンが、2006年にロリス・カピロッシが樹立したサーキットベストラップ(1分39秒064)に0.136秒差に迫る1分39秒200を記録。最多107ラップを走行しただけでなく、最高速(時速282.0キロ)もトップだった。

2番手には、セパン合同テストで好パフォーマンスを披露したランディ・ド・プニエ。新型エンジンが投入され、新パッケージで上位を維持した。

新人勢トップは、ホルヘ・ロレンソ。昨年11月末のヘレス合同テストを再現するように、好パフォーマンスを見せ、ヤマハ勢のトップに立てば、コーリン・エドワーズ、ジェームス・トーズランドが続いた。

ブリヂストン勢一番手はアレックス・デ・アンジェリス。中野真矢は82ラップを走り、トップから0.992秒差の7番手だった。

29歳の誕生日を迎えたバレンティーノ・ロッシは8番手。王者ケーシー・ストーナーは9番手。アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入りした。

ウインターテスト中に負傷したダニ・ペドロサ(右手第2中手骨骨折)とジョン・ホプキンス(鼠径(そけい)部左側の外転筋痛)は、それぞれ37ラップと28ラップを走行した。

テスト2日目には、集合写真撮影会と40分間の公式セッションが予定されている。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›