初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式テスト:L.ペセック&M.シモンセリが一番時計

公式テスト:L.ペセック&M.シモンセリが一番時計

公式テスト:L.ペセック&M.シモンセリが一番時計

250ccクラスの公式テスト2日目は20日、ヘレス・サーキットで行われ、ルーカス・ペセックとマルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

午前のフリー走行3は、125ccクラスとの合同セッション。しかし、前夜からの雨により、ウェットコンディションの中で行われ、レギュラーライダー23人中、アルバロ・バウティスタ、エクトル・バルベラ、マティア・パシーニら7人が走行をキャンセル。年始に体調が崩したルーキーのペセックが1分51秒624の一番時計を記録すれば、イムレ・トース、カレル・アブラハムが続き、青山博一は23ラップを走って4番手。高橋裕紀は11ラップを周回して13番手だった。

午後16時からのフリー走行4では、昼頃から日が差し込んだことにより、コースが乾き始め、21人がテストを実行。午前のセッションで5番手だったシモンセリが1分44秒602をマーク。ルティが0.227秒差で2番手に入り、青山、バウティスタ、カリオがトップ5入り。高橋裕紀は7番手だった。

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›