初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式テスト:T.ルティが最終セッション制す

公式テスト:T.ルティが最終セッション制す

公式テスト:T.ルティが最終セッション制す

250ccクラスの公式テスト3日目、最終日は21日、ヘレス・サーキットで行われ、アルバロ・バウティスタとトーマス・ルティがトップタイムをマークした。

風がなく、3日間で一番良いコンディションに恵まれた中、昨年に第2戦スペインGPで優勝争いを演じたバウティスタが1分43秒529を記録。アレックス・デボン、ミカ・カリオも1分43秒台に進入すれば、最多66ラップを走った青山博一は6番手。高橋裕紀は15番手だった。

午後15時からのフリー走行6では、バレンシア合同テストで鎖骨を骨折したルティが、昨年アレックス・デ・アンジェリスが樹立したサーキットベストラップ(1分44秒295)を上回る1分43秒208をマーク。マルコ・シモンセリが0.001秒差で続き、バウティスタ、フリアン・シモン、カリオ、青山が1分43秒台を記録。最多20ラップを周回した高橋裕紀は8番手だった。

250ccクラスは、3月1日から開幕戦カタールGPの舞台となるロサイリ・インターナショナル・サーキットで3日間のナイトテストを実行する。

Tags:
250cc, 2008

Other updates you may be interested in ›