初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

初のナイトテストに期待と不安

初のナイトテストに期待と不安

初のナイトテストに期待と不安

史上初となるMotoGPのナイトテストは、28日から開幕戦の舞台となるロサイリ・インターナショナル・サーキットでスタート。MotoGPライダーたちは、初体験となるナイトセッションを控え、期待と不安を語った。

11月のナイトテストに参加したマルコ・メランドリは、「実際にはどうなるか分からない。夜に走ったけど、3コーナーだけだったから、全てが完璧だと言うことができない。とにかく、早く走りたい。楽しくて、感動的だろう。期待している」と述べた。

クリス・バーミューレンは、時間変更に関して、「深夜まで走るということは、全く新しいこと。みんなにとって感動的なものだろう。ファンにとって、スペクタクロになることを期待したい」と抱負を語った。

ブリヂストンのモーターサイクルレーシングマネージャー山田宏は、タイヤ準備に関して、「夜の気温が15度から20度ぐらいであることを予想します。つまり、シーズン中で最も気温が低い1つのレースとなるでしょう。湿度が高くなると予想しますが、全員にとってコンディションは同等です」と説明した。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›