初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ:「ノーマルにラインディングができた」

V.ロッシ:「ノーマルにラインディングができた」

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、初のナイトテスト終了後、普通に走行できたことを認め、視界不良による危険性がないことを強調した。

フィアット・ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、初のナイトテスト終了後、普通に走行できたことを認め、視界不良による危険性がないことを強調した。

最終戦バレンシアGPで負傷したことから、11月のテストに参加できなかったセーフティ委員会のメンバーでもある29歳のイタリア人ライダーは、「今回のナイトテストに大きな興味があり、僕は大満足だと言わなければ。照明に関して、グレートな仕事をしたと思うし、ノーマルにラインディングができた。視界は良いから、僕たちに危険はない。実際に日中のライディングより難しいのか分からない。もしかしたら、もう少し気温が高い時期にナイトレースを実施した方がいいかもしれない。すごく寒いからね」と感想を語った。

18時から始まったセッションでは、82ラップを走行。1分56秒749を記録して、9番手だった。

「今日はセットアップの仕事を沢山したけど、あまり速くなかったし、加速の際グリップがまだ不足している。幾つかのタイヤとセッティングを試したけど、スロットルを開けた際にバイクが少し滑る。このコースはグリップがベストでないことは認識しているけど、他のライダーは速く走っているから、改善しないと。明日に向けて、2つのアイディアがある。僕たちには進歩する能力がある。」

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›