初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ:「重要な問題はグリップ」

D.ペドロサ:「重要な問題はグリップ」

D.ペドロサ:「重要な問題はグリップ」

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、2日間のナイトテストを終え、グリップ不足が問題であることを認めた。

1月のセパン公式テストで骨折した右手が回復していることを示すように、初日に72ラップ、2日目には75ラップを走行。「手はヘレスの時よりもすごく良いから、一度の走行で長く走れ、休憩時間も短くてすんだ。まだ少し痛いけど、これは普通のこと。日に日に良くなって行くだろう」と説明した。

「今日は全く良い日ではなかった。ここで出くわした問題を解決することができなかったから、全体的なバランスはネガティブだ。実質時間が残されていないから、当然これは良い状況ではない。このような状況になるとは思ってもいなかった。」

「基本的にここでの重要な問題はグリップ。両タイヤともグリップが不足している。ホンダの昨年型でミシュランを履くライダーたちには僕たちのような問題がないから、タイヤの問題ではない。だから、他の分野に違いない。」

カタール公式テスト:
テスト1日目:1分56秒621(72ラップ)
テスト2日目:1分56秒704(75ラップ)

Tags:
MotoGP, 2008, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›