初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.ストーナー:「プレッシャーは昨年よりも少ない」

C.ストーナー:「プレッシャーは昨年よりも少ない」

C.ストーナー:「プレッシャーは昨年よりも少ない」

ドゥカティ・マールボロのケーシー・ストーナーは、開幕戦カタールGPを直前に控え、プレッシャーは昨年よりも少ないことを説明。新型デスモセディチGP08の戦闘力が高いことを認めた。

「プレッシャーは少ない。昨年や2年前の方が、リザルトを獲得するためのプレッシャーが大きかった。特に昨年はファクトリーチームでの1年目で、好結果を獲得しなければいけなかった。最終的に僕たちはチャンピオンシップを制した。僕たちは十分に速いことを確かめた。チームも僕もプレッシャーが減少した。」

最終戦バレンシアGP終了後から始まったテストから2008年シーズンに向けての準備が本格的にスタート。タイトル防衛に向け、デスモセディチGP08の戦闘力に自信を見せた。

「11月のバレンシアテストで幾つかポジティブな点が見つかり、重要な改善があった。ヘレスのテストでは不運にも強烈な転倒で予定通りに全てのプログラムを終えることができなかったから、今年に持ち越しとなった。」

「現在までのところはすごく順調だ。エンジンを少し改善し、今は加速が少し良くなり、ライディングがより簡単になった。フィリップアイランドでシャーシを変更し、大きな前進を果たした。だから、僕たちは昨年のバイクと非常に似たようなバイクを使用するけど、重要な改善点があると思う。」

Tags:
MotoGP, 2008, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, Casey Stoner, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›