初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.パシーニ、デビュー戦V

M.パシーニ、デビュー戦V

M.パシーニ、デビュー戦V

ポラリス・ワールドのマティア・パシーニは、開幕戦カタールGPでの250ccクラスデビュー戦で優勝を飾った。

4年間125ccクラスに参戦した後、中量級にステップした22歳のイタリア人ライダーは、ナイトテスト2日目にプレシーズンで初めてセッションを制すと、公式予選では新人勢トップとなる5番グリッドを確保。決勝レースではグループ内での争いに競り勝ち、初優勝を果たした。

「パーフェクトな週末だった。少し苦労するところがあったけど、最後まで戦闘力の高いバイクだった。好リズムがあったし、少しずつ良くなって行ったから、自信を与えてくれた。バイクはすごく良かったし、好きなように走ることができた。これは緒戦。特に昨年の不運の後だから、大きな落ち着きをもたらしてくれる。」

デビュー戦優勝を達成したのは、近年では1992年の原田哲也、2003年のマヌエル・ポジアーリ、2004年のダニ・ペドロサの3人。パシーニは、同年にタイトルを獲得に成功した3人に続くより、次戦のスペインGPに集中することを語った。

「250ccは125ccよりも乗りやすい。バイクは大きく、僕にはベストだ。この冬は沢山テストした。何を言うことができるか?完璧だった。次のレース以外のことは考えない。新しいクラスに順応続け、ボックス内で落ち着きたい。この勝利を僕のことを最初から信じてくれた人たちに捧げたい。」

Tags:
250cc, 2008, Commercialbank GRAND PRIX OF QATAR, Mattia Pasini, Polaris World, Polaris World

Other updates you may be interested in ›