初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヤングライダーたちの台頭

ヤングライダーたちの台頭

3人のヤングライダーたちが、開幕戦カタールGPで上位を独占。チャンピオンシップ史上最も平均年齢が若い表彰台となった。

3人のヤングライダーたちが、開幕戦カタールGPで上位を独占。チャンピオンシップ史上最も平均年齢が若い表彰台となった。

これまでの記録は、平均年齢は22歳と29週。1976年にルマンで開催されたフランスGPの際、バーリー・シーン(25歳)が優勝。ジョニー・チェコット(20歳)、マルコ・ルッチェネーリ(21歳)が続き、約32年間、記録が更新されずにいた。

最高峰クラスにおける表彰台平均年齢ランキング

1.21歳と47週:2008年カタールGP(C.ストーナー/J.ロレンソ/D.ペドロサ)

2.22歳と29週:1976年フランスGP(B.シーン/J.チェコット/M.ルッチェネーリ)

3.22歳と39週:1992年オランダGP(A.クリビーレ/J.コセンスキ/A.バロス)

4.22歳と46週:2007年バレンシアGP(D.ペドロサ/C.ストーナー/J.ホプキンス)

5.23歳と0週:2006年トルコGP(M.メランドリ/C.ストーナー/N.ヘイデン)

J.ロレンソ、史上9番目の表彰台獲得

ホルヘ・ロレンソは、開幕戦カタールGPで20歳と310日で表彰台を獲得。歴史に名前を刻んだ。

史上最年少デビュー記録を保持する20歳のスペイン人ライダーは、同グランプリで2位を奪取。青木拓磨を抜き、ヤングライダーの表彰台獲得ランキングで9位に進出した。

最高峰クラスにおける最年少表彰台獲得ランキング

1.R.マモラ19歳と260日(1979年フィンランドGP)

2.阿部典史20歳と10日(1995年ブラジルGP)

3.M.ヘイドウッド:20歳と77日(1960年イギリスGP)

4.J.チェコット:20歳と91日(1976年フランスGP)

5.F.スペンサー:20歳と98日(1982年アルゼンチンGP)

6.D.ペドロサ:20歳と178日(2006年スペインGP)

7.C.ストーナー:20歳と196日(2006年トルコGP)

8.G.ホッキング:20歳と293日(1958年ドイツGP)

9.J.ロレンソ:20歳と310日(2008年カタールGP)

10.青木拓磨21歳と58日(1995年日本GP)

11.V.ロッシ:21歳と74日(2000年スペインGP)

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›