初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM勢が上位進出

KTM勢が上位進出

第2戦スペインGPの公式予選1は28日、ヘレス・サーキットで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

第2戦スペインGPの公式予選1は28日、ヘレス・サーキットで行われ、ミカ・カリオがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温21度。路面温度26度のドライコンディションの中、同サーキットで実施された11月と1月の合同テストで一番時計を刻んだ25歳のフィンランド人ライダーは、昨年のポールポジションタイム(1分43秒099)に接近する1分43秒111を記録。初日を制した。

午前中のフリー走行1でトップだったアレックス・デボンは、0.210秒差の2番手。フリアン・シモンと青山博一が続き、KTM3台が上位に進出。2月の公式テストでトップタイムをマークしたトーマス・ルティ、アルバロ・バウティスタ、ルーカス・ペセック、エクトル・バルベラ、マティア・パシーニが続いた。

高橋裕紀は、トップから1.274秒差の10番手。転倒を喫したマルコ・シモンセリは12番手だった。

Tags:
250cc, 2008, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, QP1

Other updates you may be interested in ›