初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

厳しい週末となったM.メランドリ

厳しい週末となったM.メランドリ

ドゥカティ・マールボロのマルコ・メランドリは、第2戦スペインGPで公式予選18位、決勝レース12位のリザルトで終わり、リアグリップ不足を訴え、状況が一転することを願った。

ドゥカティ・マールボロのマルコ・メランドリは、第2戦スペインGPで公式予選18位、決勝レース12位のリザルトで終わり、リアグリップ不足を訴え、状況が一転することを願った。

2日目に2度目の転倒が影響して、通算157戦のキャリアで最低となる18番グリッドから決勝レースを迎えた25歳のイタリア人ライダーは、「非常に難しい週末だった。もしかしたら、このコースはドゥカティにとって最悪かもしれない」と振り返った。

「公式予選で転倒したから、最後尾からのスタートで、好まない2号車を使用しなければいけなかった。レース序盤は、思うように走らせることができなかったら、難しかった。パフォーマンスが良くなってきた時には、ブレーキング、コーナーへの進入が良くなり始めた。それでも、リアタイヤのグリップがなく、好きなようにスロットルを開けることができなかった。」

「喜びはないけど、改善するために必要なことを確認することができた。」

ドゥカティ・マールボロは、サーキットに延滞して、合同テストに参加する。

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, Marco Melandri, Ducati Marlboro Team

Other updates you may be interested in ›