初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.M.アスパル:「状況が一転することを期待します」

J.M.アスパル:「状況が一転することを期待します」

マプフレ・アスパル・チームとバンカハ・アスパル・チームのチームオーナー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは、5人中4人がリタイヤした第2戦スペインGPを振り返った。

マプフレ・アスパル・チームとバンカハ・アスパル・チームのチームオーナー、ホルヘ・マルティネス・アスパルは、5人中4人がリタイヤした第2戦スペインGPを振り返った。

250ccクラスでは、アルバロ・バウティスタが最終ラップでエンジントラブルに見舞われ、優勝争いを繰り広げていたマルコ・シモンセリで接触転倒。エクトル・ファウベルは、3ラップ目に転倒リタイヤした。

「アルバロのシーズンスタートは幸運がありません。完璧な仕事をしています。カタールでは素晴らしいセッションでしたが、レースでは欠陥タイヤを装着する不運でした。ヘレスのレースではエンジンに問題がありました。彼は正真正銘の勝者で、幸運が戻って来ることを願います。」

「レースリズムには驚きました。とても遅かったです。多くのヤングライダーたちがクラスに加入しましたが、リズムもタイムも大変遅かったです。これからのグランプリでは各ライダーが自分のポジションに位置することを期待します。」

125ccクラスでは、ガボール・タルマクシがエンジントラブルで戦列を離れれば、セルジオ・ガデアはエフレン・バスケスと接触転倒。新人のペラ・トゥトゥサウスは本来の能力を発揮できず、19位でゴールした。

「今回はコルシが勝ちました。トップグループの中では最も経験のあるライダーです。ビックなレースだったニコ・テロールを祝福しなければいけません。」

「今は今回のグランプリは忘れ、次戦ポルトガルGPを考える時です。昨年のレースはあまり良くなかったですが、今年の状況が一転することを期待します。」

Tags:
250cc, 2008, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA

Other updates you may be interested in ›