初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペシャリストたちが、新人ライダーたちのパフォーマンスを分析

スペシャリストたちが、新人ライダーたちのパフォーマンスを分析

2008年シーズン序盤2戦が終わり、スペシャリストたちが、ホルヘ・ロレンソ、アンドレア・ドビツィオーソら、250ccクラスから進出してきたヤングライダーたちのパフォーマンスを分析した。

2008年シーズン序盤2戦が終わり、スペシャリストたちが、ホルヘ・ロレンソ、アンドレア・ドビツィオーソら、250ccクラスから進出してきたヤングライダーたちのパフォーマンスを分析した。

ホンダ・ポンスのチームオーナーとして多くのライダーたちをサポートしてきたシト・ポンスは、「4ストロークマシンは電気系統のサポートのおかげで、非常にランディングが簡単です。我々は、彼らのパフォーマンスを初めて目の当たりにしたわけでありません。ダニ・ペドロサとケーシー・ストーナーが最高峰クラスに進出した2年前から勝ち、表彰台を獲得し始めました」と説明した。

「250ccマシンの方が、少しだけライディングが難しいと思いますが、走行ライン、ライディングスタイルはほとんど似ています。」

元500ccクラスに参戦した経験があり、ダニ・ペドロサの個人マネージャーを務めるアルベルト・プーチは、「現状のバイクは、ライディングが非常にシンプルです。2ストロークマシンは非常に難しかったです。全てが簡単だと言っているのではなく、以前よりも簡単だと言うことです。250ccクラスのライダーが、いいバイク、いいタイヤを準備したプロフェショナルなチームに入ることによって、最初から速く走ることができます」と、MotoGPマシンの開発に平行して、ライダーを取り巻く環境も進歩したことを指摘した。

1999年500ccクラス王者のアレックス・クリビーレは、「500ccマシンは異なっていました。私は適応するのに1年から1年半は必要でした。現在のMotoGPクラスは学習プロセスが非常に短期間です」と、技術進歩が要因であることを語った。

ラルフ・ワルドマンは、「MotoGPマシンを扱うためには、250ccマシンのフィーリングを持つことが非常にポジティブです。2ストロークの500ccマシンを走らせるのは、ほぼ不可能だった時代を思い出します。トップタイダーたちに接近する前には、鎖骨を20回折ります!」と、500ccマシンの難しさを、ジョークを交えて説明した。

タイヤを供給するミシュランのジャン・フィリッペ-ウェバーは、アンドレア・ドビツィオーソのプロフェショナルな姿勢も、好パフォーマンスにつながっていることを認めた。

「彼はバイク、タイヤ、そして自分自身の最高のものを引き出そうとしています。タイヤに関して、たくさんの質問をしませんでした。非常にプロフェショナルで、彼との仕事を喜んでいます。」

Tags:
MotoGP, 2008, GRAN PREMIO bwin.com DE ESPAÑA, Andrea Dovizioso, Jorge Lorenzo, James Toseland, Alex de Angelis

Other updates you may be interested in ›