初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ホプキンス、ニューエンジンに期待大

J.ホプキンス、ニューエンジンに期待大

カワサキ・レーシングのジョン・ホプキンスは、第3戦ポルトガルGPを直前に控え、ヘレス合同テストについて説明。新型エンジンに大きな期待を寄せていることを認め、ホルヘ・ロレンソとのアクシデントに関しては緊張感を沈める対応を見せた。

カワサキ・レーシングのジョン・ホプキンスは、第3戦ポルトガルGPを直前に控え、ヘレス合同テストについて説明。新型エンジンに大きな期待を寄せていることを認め、ホルヘ・ロレンソとのアクシデントに関しては緊張感を沈める対応を見せた。

ランク9位に位置する24歳のアメリカ人ライダーは、ヘレス合同テストで、カワサキが開発中の『スクリーマーエンジン』をテスト。「新しいバイクはレースで画期的な事件をもたらすことになるだろう」と、ポテンシャルの高さを認めた。

「エキサイティングなバイク。エキサイティングなエンジンだけど、レースへの投入前に、改善することが沢山ある。エンジン音は実にいい。日本で懸命に働いているから、シーズン終了前にはレースで使用できることを期待する。」

また、コース上におけるロレンソとのジェスチャー交換については、「瞬間的なことだった。ただの誤解だったと思う」と説明を始めた。

「僕は彼の後ろを走り、ボックスに戻るラップだった。彼は僕が彼の後ろを走って、タイムを出そうと考えた。しかし、彼は少しかっとなって、感心できないジェスチュアーをした。僕自身も少し熱くなったから、激情のラップとなった。」

「コース上では、テストステロン(闘争のモチベーションをになうホルモン)が高く、ちょっとしたことで火がついてしまう。謝罪してもらいたいけど、そうしなくてもOK。レース中の出来事だった。」

Tags:
MotoGP, 2008, bwin.com GRANDE PREMIO DE PORTUGAL, John Hopkins, Kawasaki Racing Team

Other updates you may be interested in ›