初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

L.ジャービス、ヤマハ勢のパフォーマンスに満足

L.ジャービス、ヤマハ勢のパフォーマンスに満足

ヤマハは、ファクトリーチームとサテライトチームのパフォーマンスに満足感を示した。

ヤマハのマネージングディレクター、リン・ジャービスは、序盤3戦を終え、フィアット・ヤマハとテック3・ヤマハについて評価。パフォーマンスに満足感を得ていることを認めた。

ライダー部門では、第3戦ポルトガルGPで初優勝を飾った新人ホルヘ・ロレンソがポイントリーダーに飛び出せば、唯一ブリヂストンユーザーのバレンティーノ・ロッシはランク3位。コンストラクター部門とチーム部門でトップに立ち、チャンピオンシップをリードしている。

イギリス人マネージャーは、「最悪のリザルトではありません!1位と3位。表彰台に2人のファクトリーライダーがいることは最高です。それに、2人のヤマハを代表するライダーがトップ7に入り、大変嬉しいです」と、ジョークを交えて、エストリルのレースを振り返った。

「進歩は冬の間を通して作り出されたものです。序盤2戦は非常に良かったです。エストリルでの週末は、進歩の過程において前進しました。それに、我々のライバルであるケーシー・ストーナーは困難な状態でした。ダニ・ペドロサは非常に戦闘力があり、チャンピオンシップは非常に接戦です。」

「週末のコンディションは、ミシュランユーザーたちに多少有利になったと思います。ホルヘは素晴らしい仕事をしました。デビュー3戦で3戦連続のポールポジションと優勝は非常に素晴らしいです。我々のエンジニア、チーム、ライダーを祝福しなければいけません。」

2年間の延長契約を締結したテック3・ヤマハの活躍については、「テック3とは長く一緒に仕事をしてきました。昨年、我々は彼らの戦闘力を高めるための支援を決めました」と説明した。

「タイヤ選択、ライダー選択、バイクのパーツなどに関して、幾つか変更することを決め、全てが機能しました。エルベ・ポンチャラルとライダーたちを祝福したいです。ジェームス・トーズランドは僅か3戦ですが、素晴らしい仕事をしています。コーリン・エドワーズは期待通りの活躍をしてくれています。」

「序盤の彼らの成績は、我々にとって良い推進となりました。決定したことが成果となって現れています。戦闘力のあるヤマハのライダーが多いことは、我々にとってベスト。我々は現状に大変満足しています。」

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›