初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ、自叙伝のサイン会に東奔西走

J.ロレンソ、自叙伝のサイン会に東奔西走

ホルヘ・ロレンソは、自叙伝のサイン会のため、バルセロナ市内を東奔西走した。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは23日、バルセロナ市内で自叙伝のサイン会を行った。

カタルーニャ地方では、毎年4月23日は『サン・ジョルディの日』。大切な人に美と教養、愛と知性のシンボルとして、バラと本を贈る習慣があり、バルセロナ市内の街角には本の市が立つことから、20歳のスペイン人ライダーは、この機会に市内5ヶ所を回り、約8時間のマラソンサイン会で、ファンとの交流を楽しんだ。

手術した前腕の状態はどうない?

いい状態だ。当然100%ではないけど、中国で走れることが嬉しい。動かし方によっては違和感があるけど、期待感を充電した。

自叙伝を書いた理由は?
2、3年前から望んでいたことの1つ。初タイトルを獲得した時に書こうと思ったけど、適切な時期ではなかった。その時はまだ、あまり多くのことを成し遂げていなかったけど、2度目のタイトルを獲得した時には、ファンに興味持ってもらうことを語ろうと考えた。

MotoGPでタイトルを獲得したら、2冊目を考えるかい?

そのことは決して分からないね。明日のことも分からない。続編を書きたいけど、4、5年先のことだろう。

今日はサン・ジョルディ。たくさんのファンから声援を受けていた。

素晴らしい作家たちと一緒に、こうして並んでいることは本当に名誉だ。彼らと比較することはできないけど、ここにいること、本にサインをしてあることができるのは神様のおかげだ。僕のことを知りたい人たち、勝利の涙と敗北の涙を一緒に流して応援してくれる人たちに、この本を捧げたい。

Tags:
MotoGP, 2008, Jorge Lorenzo

Other updates you may be interested in ›