初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ:「勝つことができるだろう」

M.カリオ:「勝つことができるだろう」

レッドブル・KTMのミカ・カリオは、2年目の中量級で初めてポイントリーダーとして、グランプリに登場する。

昨年は3番グリッドから5位。2年前には2年連続のポールポジションから優勝を飾った上海国際サーキットに、開幕から3連続表彰台を獲得した勢いで乗り込む

「リザルトの上に位置するのは気分がいいね。日曜のレース後、どうなっているのか楽しみだ」と、プレイベントに参加し、黄浦江から東浦地区の高層ビルを見ながら、上位進出に自信を見せた。

「125ccクラス時代に勝ったし、昨年はそれほど悪くなった。それに、昨年と比較すれば、僕たちはいいレベルにあるから、全てが上手く行けば、勝つことができるだろう。」

Tags:
250cc, 2008, PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA, Mika Kallio, Red Bull KTM 250

Other updates you may be interested in ›