初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、チームの総合力を証明

レプソル・ホンダ、チームの総合力を証明

ダニ・ペドロサとニッキー・ヘイデンの2人が揃って上位に進出。ホンダのファクトリーチームがチームの総合力を証明した。

D.ペドロサ:初日総合3位

「僕たちは2度のセッションで、全体的なパフォーマンスを改善するために、シャーシのセッティングとタイヤ選択に集中した。午後にリズムが良くなったけど、期待していた以上ではなかったから、仕事を継続しなければ。」

「明日はシャーシをもう少し詰めて、ベストタイヤを見つけるためにミシュランのスタッフと一緒に仕事をして、もう前進を目指す。自信がある。」

N.ヘイデン:初日総合6位

「午後は午前より大きく良くなった。僕たちのポジションは良くないけど、トップとのギャップを大きく詰めた。午前のセッションの後に、サスのスプリングを取替え、小さな変更を沢山した。」

「直ぐにバイクは良くなり、ライディングを楽しめた。乗り心地がすごく良くなった。僕のチームは幾つかの改善を見つける良い仕事をしたから、彼らに感謝したい。良い方向性が見つかったから、この方向で仕事が続けられることを期待する。しかし、もう一歩の前進が必要だ。」

Tags:
MotoGP, 2008, PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA, Dani Pedrosa, Nicky Hayden, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›