初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.シモンセリ&A.バウティスタが好リズムをマーク

M.シモンセリ&A.バウティスタが好リズムをマーク

第4戦中国GPのフリー走行1は2日、上海国際サーキットで行われ、マルコ・シモンセリがトップタイムをマークした。

気温25度。路面温度25度のドライコンディションの中、前戦ポルトガルGPで初の表彰台を獲得したイタリア人ライダーが2分06秒446の一番時計を記録すれば、前戦勝者のアルバロ・バウティスタが0.261秒差の2番手。2人が好リズムを刻めば、昨年の勝者エクトル・バルベラ、マティア・パシーニ、アレックス・デボンまでが、トップから1秒以内に入った。

ポイントリーダーのミカ・カリオは6番手。トーマス・ルティ、青山博一、エクトル・ファウベル、マヌエル・ポジアーリがトップ10入り。高橋裕紀は、トップから2.939秒差の17番手だった。

Tags:
250cc, 2008, PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA, FP1

Other updates you may be interested in ›