初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

トップ3のコメント

トップ3のコメント

第4戦中国GP決勝レースで表彰台を獲得したライダーたちのコメント。

V.ロッシ(優勝):

「長く勝っていなかったから、すごく、すごく嬉しい。タイヤを変更し、懸命に働いた難しい時期だった。ポテンシャルがあることは分かっていたし、金曜から好感触があった。15ラップ目以降から好リズムで走れたのは初めてだ。ドライで走れる可能を確認して、勝つことができると考えた。ダニとタフなバトルだった。僕たちにとってビックな勝利だ。」

D.ペドロサ(2位):

「すごくハードなレースだった。周回毎に速くなって行った。最後はバレンティーノを捕まえることができないので、リズムを落とした。エンジンを無理させず、ポジションを確保することに決めた。2位に満足だ。」

C.ストーナー(3位):

「サイティングラップでドライになるだろうと分かったけど、軟らかいコンパウンドを勧められた。もっと硬いコンパウンドを選んでいたら、ベストだったかどうかは分からない。チームはいつものように懸命に働いたけど、まだ改善しなければいけないし、このリザルトには満足していない。」

Tags:
MotoGP, 2008, PRAMAC GRAND PRIX OF CHINA

Other updates you may be interested in ›