初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.グレシーニ、ポジティブな面を強調

F.グレシーニ、ポジティブな面を強調

グレシーニは、上海における中野真矢のパフォーマンスに手応えを得たことを認めた。

サンカルロ・ホンダ・グレシーニのチームマネージャー、ファウスト・グレシーニは、第4戦中国GPを終え、ポジティブな進歩があったことを認め、今後のグランプリに期待していることを強調した。

中野真矢は、フリー走行で上位に進出。今シーズン最高のパフォーマンスを披露したが、公式予選での転倒が影響して、13番グリッドに後退。決勝レースでは最終ラップにアンドレア・ドビツィオーソを抜いて、トップ10入りを果たした。

イタリア人マネージャーは、3度のフリー走行で見せた中野のコンスタントなアクションについて、「週末は非常にポジティブでした。我々は前進し、シニヤは好ステップを踏みました」と評価した。

「しかし、フリー走行のポジティブな面をレースで発揮することができませんでした。公式予選での転倒は、我々のヘルプになりませんでした。後方からのスタートは困難なレースを意味します。ウェットレースになることを期待しましたが、今後に向けて私は大変楽観しています。フランスは低速コースで、我々のバイクにより適しているかもしれません。」

「進歩しなければいけないことは当然で、ゆっくりと良くなり始めています。今年最高のリザルトを期待していますが、我々の問題を解決しなければいけません。ステップ・バイ・ステップで改善して行きますが、この先にはハードな仕事が沢山あります。」

Tags:
MotoGP, 2008, San Carlo Honda Gresini

Other updates you may be interested in ›