初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

H.ポンチャラル、上海のリザルトに失望

H.ポンチャラル、上海のリザルトに失望

H.ポンチャラルは、上海で期待していたリザルトを獲得できなかったことに失望した。

テック3・ヤマハのチームマネージャー、エルベ・ポンチャラルは、第4戦中国GPのリザルトに失望感を示した。

コーリン・エドワーズは、2002年第9戦ドイツGP以来、44戦ぶりにポールポジションをチームにもたらしたが、決勝レースでは、6ラップ目のコースアウトが影響して、7位でフィニッシュした。

フランス人マネージャーは、「満足しているとは言うことができません。ポールポジションを奪取した後、最低でもコーリンの表彰台獲得を信じていました。コースアウトし、ポジションを落とすまでは、それが可能でした。それまで、落ち着いて3位を走っていましたが、ブレーキングのミスを犯しました。これがレースです。起こることですが、当然、失望しています」と、レース後に語った。

「コーリンはビックなスピリッツを示しました。グループ内に位置しましたが、能力通りのタイムで走ることができませんでした。7位は悪くないですが、それは期待していたリザルトではありません。」

ジェームス・トーズランドは8番グリッドから、今シーズン初めてトップ10入りを逃す12位。「パッケージが良く機能しませんでした」と説明した。

「ポジティブなスピリッツを維持します。両雄はポイントを稼ぎ、チャンピオンシップのチーム部門で4位、ライダー部門で6位と7位に位置します。中国では、我々のグランプリとなる次戦フランスGPに向けて、役に立つ経験を得ました。」

Tags:
MotoGP, 2008, Tech 3 Yamaha

Other updates you may be interested in ›