初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

カワサキ、次戦フランスGPからの巻き返しを強調

カワサキ、次戦フランスGPからの巻き返しを強調

バルトメリーは、次戦フランスGPに向けて、モチベーションと集中力を高めて乗り込むことを認めた。

カワサキ・レーシングのコンペティションマネージャー、ミシェル・バルトメリーは、第4戦中国GPでは期待通りのリザルトを獲得できず、次戦フランスGPに向けて気持ちを切り替えることを語った。

ジョン・ホプキンスは、フリー走行で上位に進出していたが、公式予選では14位。通算100戦目となった決勝レースでは14位でゴールすれば、アンソニー・ウエストは、18番グリッドから17位でレースを終えた。

決勝レース後、バルトメリーは、「ベストにすることを期待していました。このレースがターニングポイントになると思っていました。ジョンはバイクに順応し、彼も我々も好リザルトを獲得できると、期待していました」と説明した。

「金曜は順調でした。ジョンは2度のセッションで総合5番手。アンソニーは午前のセッションで11番手でした。リザルトは失望です。6位、7位に入れる可能性を信じていました。スタートは遅れ、レース中にポジションを獲得するためのトラクションが十分ではなかったです。大きな欲求不満です。」

バルトメリーは、次戦フランスGPから始める欧州連戦に向け、「カワサキは強力なチームです。常に次戦へのモチベーションがあります。今回のことを早く忘れ、高い集中力を持って、フランスに向かいますと、」巻き返しに行くことを強調した。

Tags:
MotoGP, 2008

Other updates you may be interested in ›