初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソ:「リスクを冒す価値があった」

J.ロレンソ:「リスクを冒す価値があった」

ロレンソは、モータースポーツの危険度を十分に理解し、リスクを冒す価値があることを認めた。

フィアット・ヤマハのホルヘ・ロレンソは、第5戦フランスGPを控え、肉体的なハンディを精神面でカバーすることを認めた。

前戦終了後、バルセロナ市内の病院で精密検査を受けた結果、右足距骨の骨折と左足首内側靭帯の切断が判明。「100%の状態でルマンに入れないけど、レースに対する気持ちと上海の4位で、チーム全員と僕の精神面は強い」と、両足首をギブスで固定しているロレンソは語った。

「中国ではラッキーだった。シーズンの半分が終わってしまうような強烈なインパクトで、MotoGPにデビューしてから楽しんでいることを妨げられてしまうかのようだった。」

「金曜のセッションでこのスポーツの危険なことに気づき、こんなにリスクを冒す価値があるのかと考えた。日曜のレース後、不滅の感動を得て、リスクを冒す価値があったと考えたことを言わなければいけない。」

Tags:
MotoGP, 2008, Jorge Lorenzo, Fiat Yamaha Team

Other updates you may be interested in ›