初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

A.バウティスタ、巻き返しに向けて好スタート

A.バウティスタ、巻き返しに向けて好スタート

ランク6位のバウティスタが、苦手意識のある舞台で暫定ポールポジションを奪取した。

第5戦フランスGPの公式予選1は16日、ルマンで行われ、アルバロ・バウティスタがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度29度のドライコンディションの中、ルマンでは一度も表彰台を獲得したことがないスペイン人ライダーは、コンスタントにタイムを伸ばし、最終ラップに1分38秒479を記録。アレックス・デボン、マルコ・シモンセリ、マティア・パシーニ、トーマス・ルティまでが、1分38秒台に進入した。

マヌエル・ポジアーリは、チャンピオンシップ復帰後のベストパフォーマンスを見せ、フリアン・シモンに次ぐ7番手。アレックス・エスパルガロが続いた。

前戦上位を独占したKTM勢の青山博一とミカ・カリオは、9番手と10番手。セッション中盤に転倒喫した高橋裕紀は0.967秒差の11番手。フリー走行1でトップだったエクトル・バルベラは12番手だった。

Tags:
250cc, 2008, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE, QP1

Other updates you may be interested in ›