初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ブリヂストン、ライバルのホームグランプリに挑戦

ブリヂストン、ライバルのホームグランプリに挑戦

ブリヂストンは、ミシュランのホームコースとなる第5戦フランスGPで好リザルトを獲得し、欧州ラウンドの好スタートにしたい意向を示した。

昨年は、フラッグ・トゥ・フラッグとなるレースで、クリス・バーミューレンが初優勝を飾っただけでなく、表彰台を独占。ライバルのホームコースで、トップ8までに7人が占める快挙を果たした。

前戦の決勝レースでは、公式予選より路面温度差が25度低くなり、想定したタイヤ選択が困難になった状況の中で、バレンティーノ・ロッシは終盤にベストラップを更新する快走を見せて初優勝を飾った。今週末も雨の予報があり、気温も最高20度と涼しいコンディションになる可能性がある。

モータサイクルレーシングマネージャーの山田宏は、「今回は何種類かの新スペックを投入します。また、気温の幅に広く対応できるように準備します」と説明した。

「ブレーキングとトラクションが重要です。低中速のコーナでは、早く曲がって加速するかがポイントです。路面のグリップはあまり良くありません。比較的低温なので、その条件でグリップを取り、レース周回数が28ラップと多いので、グリップ耐久にも結構シビアです」

「このコースは、ライバル、ミシュランのホームコース。昨年の表彰台独占で、彼らも必死になってくるでしょう。これから続く欧州ラウンドのスタートですので、ぜひ良い結果を挙げて勢い付けたいです。」

Tags:
MotoGP, 2008, ALICE GRAND PRIX DE FRANCE

Other updates you may be interested in ›